清水建設広島兼喜会のホームページへ  ご来訪いただき誠にありがとうございます。
私たち広島兼喜会は昭和11年、大阪支店の広島出張所(奥迫所長)に大阪兼喜会広島支部(佐川支部長)として、会員32社の参加 をもって結成されました。昭和18年広島出張所が営業所となりさらに昭和20年5月には、久良知初代広島支店長を迎えて、支店が開設されたのですが、大戦末期の混乱と8月に投下された原子爆弾により、広島支店が被爆し、多くの支店職員や会員を失うという悲劇を経験し、広島支店の真の発足が遅れ、やっと昭和21年11月に、大阪兼喜会広島支部を「広島兼喜会」に名称を改め、初代会長に檜山袖四郎氏が選任されました。戦後の復興が進むなか、昭和22年12月職業安定法が施行され、23年2月には施行規則改正により、下請けの規制が強化されて、遂に昭和24年6月他の兼喜会に前後して広島兼喜会は解散しました。昭和28年頃から東京兼喜会より広島兼喜会再興の勧めがあり、これを受けて、3代目広島支店長の三好悦治様のご指導により、昭和30年9月に青盛繁男氏を2代目会長に迎え、広島兼喜会が復活いたしました。昭和35年の全国連合兼喜会の結成を経て、当兼喜会の活動は活発になり、平成15年現在会員数116社を数えるに至っています。
 当会、会員は今年創業200年を迎え建設業界のリーディングカンパニーである清水建設と共存共栄の信頼関係のもと「より良い物をより安全により安く」施工出来る様、活力ある自立型企業をめざして毎日努力を続けています。これからも、新しい工法、技術への対応、若手技能工の確保育成に向かって、積極的に行動する所存です。皆様、今後ともより一層のご支援、ご協力を賜りますようお願いします。
 また、清水建設におかれましても、旧に倍するご理解とご指導を賜りますようお願い申し上げご挨拶とさせて頂きます。
以上 
2003年7月1日広島兼喜会